職場での着衣

聴診器

実はジャージはNGなのだ

介護と言えば汚れやすいというイメージがある。また、介護は肉体労働というイメージをもっている人もいるだろう。 それに相当するユニフォームといえばおそらく多くの人が体操服やジャージを連想する。 だが、そのろうなユニフォームは利用者に不快感を与えることも多い。つまり、ジャージ等は介護におけるユニフォームとして、そぐわないことが言える。 では最近ではどのような介護におけるユニフォームが見直されているのか。 実は動きやすい普段着なのだ。ただし、動きやすいからといってジーパンはNGとされている。分かりやすい例を出すと、Tシャツにチノパンなのだ。そうして普段着でに臨むことで利用者と介護者との垣根を低くする効果がある。

では現実の介護現場ではどうか

だが、実際に特別養護老人ホーム等の職員さんを見てみよう。多くは介護ユニフォームとして、ジャージをきている。 つまり、利用者の気持ち、利用者と職員との垣根という意味でまだまだ現場では改善されていない状況にある。 しかし、在宅ヘルパーではそういった問題に着目しつつ、職員に普段着の徹底をさせているところもある。在宅はより利用者個人の生活感が再現空間なため、普段着の徹底は施設以上にしなければならないだろう。 しかし、施設だからユニフォームを疎かにすることは認められているだろうか。施設も立派な利用者にとっての生活空間である。そのため、利用者の気持ち、生活空間の尊重、利用者と職員との垣根を低くするという点から、施設職員もユニフォームについて見直す時期が来ている。

このエントリーをはてなブックマークに追加